Amazon売上を上げる近道!ショッピングカートボックス取得率をアップさせる秘訣

Amazon販売

お世話になっております。Amazon専門コンサルティング「amacon」代表の佐藤です。

当サイトをご覧頂き、誠にありがとうございます。

 

本日は売上げアップの近道とも言える、カートボックスの取得率をアップさせる秘訣について書いていこうと思います。

 

 

カートボックスとは

まず、Amazonでは同じ商品を複数の方が販売していますが、トップページに表示されるのは1人だけです。

Amazonで買い物するとき、ほとんどの人はトップページ右側の「カートに入れる」をクリックします。

 

 

 

その場合、トップページに表示されている方の商品が購入されることになります。

ほとんどの購入者は、Amazonにはたくさんの出品者がいることなど知らないので、いちいち他の出品者のページをチェックしたりはしません。

 

つまり、あなたのショップがトップページに表示されなければ、 商品はほとんど購入されないのです。

この、トップページにショップが表示されることを「カートボックスを取る」や「カートを取る」と言います。

「カートボックスを取る」ことこそが、Amazonで商品を売るためにとても重要なことなのです。

 

 

カートボックスを取得するための条件

 

では、どうすればカートボックスを取ることができるのでしょうか。

残念ながら、カートボックスの仕組みについてあまり詳しいことは公開されておらず、「こうすれば取れる」という正確なデータは一切ありません。

 

ただ、今まで多くの出品者達が検証してきた結果、ある程度の法則は見えてきています。

 

カートは1人の出品者がずっと取得しているというわけではありません。

ある程度の条件を満たしている出品者の間で順番にまわっていきます。

 

しかし、平等に順番がまわってくるわけではなく、より良い条件を満たしている出品者のほうが、カートを取得できる時間が長くなるようです。

 

 

条件は以下の通りです。是非とも参考にしてみて下さい。

 

 

・FBAを使う

発送方法には自己発送とFBAがありますが、ほとんどの場合はFBA出品者のほうが優先してカートを取れます

 

・価格
価格がFBAの最安値から大きく離れているとカートを取ることはできません。

ただ、最安値でなくてもカートを取ることは可能です。私の経験上、最安値より3%ぐらい高くてもカートを取ることはできます。

複数のセラーが無理に最安値を追いかけ合うと、価格競争が起こって稼げなくなることもあるので、カートを取れる価格範囲を見極めて適切な価格設定を心がけましょう。

 

・評価
高評価をたくさん集めているセラーのほうがカートを取りやすいです。

 

・在庫の数
同じ商品でも、在庫の数が多いセラーのほうがカートを取りやすいです。

 

・大口出品
出品形態には大口と小口がありますが、大口出品のほうがカートを取りやすいです。

 

・注文不良率
「お客さんからの低評価」や「Amazonマーケットプレイス保証」「払い戻し」が申請された場合、その注文は「不良」とみなされます。不良率が高いと、カートボックスが取得しにくくなるようです。

 

 

おそらく他にも様々な要素があるかと思いますが、 特に重要なのは「FBAを使う」ことと「価格」です。

 

この2つだけは必ず満たすようにしてください。

これができていれば、ほとんどの場合はカートを取ることが可能です。

 

 

 

カート取得率の確認方法

 

まずAmazon管理画面のAmazon seller centralを開いていただき「レポート」の部分の「ビジネスレポート」をクリックしてください。

 

 

さてビジネスレポートを開いたら左側サイドバーに以下のようなデータ一覧が並んでいますので「詳細ページ売上・トラフィック」をクリックしてください。

 

 

クリックすると商品別にズラッと指定した期間の間のいろいろな情報を閲覧できます。

これは大変貴重な情報ですので、Amazon管理画面から入手が毎回見たい時に見れるので必ず確認しておきましょう。

 

 

この、カートボックス獲得率があなたの商品のカート獲得率になります。

 

ビジネスレポートでカート獲得率が表示されない場合は、右側の項目タブから表示項目を選択できますのでチェックを確認したい項目にチェックを入れて下さい。

ビジネスレポートはカート獲得率以外にも多くのデータが確認できますので利用してみて下さい。

 

 

また、amaconでは、経営相談を無料で受け付けております。

記事についてのご不明点、Amazon販売や広告運用へのお悩みなどは、問い合わせフォームよりご連絡下さい!

 

無料経営相談

の最新記事


Warning: Use of undefined constant ID - assumed 'ID' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/novasto/amazon-consulting.jp/public_html/wp-content/themes/wp-a-dos/single.php on line 45

Amazon販売の最新記事

Contact US

只今、無料経営相談を承っております。

お電話またはメールにて問い合わせください。
電話受付:平日10:00~18:00