Amazonスポンサープロダクト広告とは?運用方法やその効果の指標についてまとめます。

スポンサープロダクト

Amazonスポンサープロダクト広告とは?運用方法やその効果の指標についてまとめます。

お世話になっております。Amazon専門コンサルティング「amacon」代表の佐藤です。

当サイトをご覧頂き、誠にありがとうございます。

 

今回の記事では、Amazonスポンサープロダクト広告と運用方法やその効果の指標について書いていきます。

 

 

Amazonスポンサープロダクトを使うべき理由

まず、スポンサープロダクト広告とは、Amazon大口出品サービスをご利用中の出品者が、出品中の商品をAmazonの中で広告掲載できるサービスのことを指します。ちなみに、小口出品者は利用することができません。

ユーザーが貴社商材に関する関連キーワードをAmazon内で検索した際、検索結果上位やその他広告枠に表示させることができます。

商材に対して、能動的に「検索」した購買意欲の高いユーザーに広告を表示させる事が出来るため、非常にコストパフォーマンスの高いメニューとして、近年注目を浴びています。

 

なぜ使うべきなの?

このサービスは、特に新規登録商品に向いていると言えます。

新規商品は登録したばかりだと検索にひっかからず、なかなかすぐに商品ページへのアクセスを集めることができない場合があります。

それは、すでに評価の高いレビューが多くついた商品ページや販売実績の多い商品競合ページが存在すると、そちらが優先的に検索結果の上位に表示されるためです。

そこで、このサービスを使うことにより、登録した直後から検索で見てもらえることになります。

 

また、普段は回転が遅い商品もこのサービスを利用することにより、売れ行きがグッと伸びる効果があるはずです。

 

 

スポンサープロダクト広告の種類とそれぞれのメリット

オートターゲティング広告マニュアルターゲティング広告の2種類があります。これらはキーワードの設定の仕方が異なっています。

 

オートターゲティング広告とは

Amazon側でキーワードを自動選択してくれます。

購入者が入力した検索キーワードに対し、あらかじめ設定された商品の中から関連のある商品をAmazonが自動選択し、広告を掲載する仕組みです。

出品者でキーワードを選ぶ手間がないため、スピーディに広告を設定することができます。Amazonで広告を出稿するのが初めてだという場合は、手軽に設定できるオートターゲティング広告がおすすめです。

オートターゲティング広告は、マニュアルターゲティング広告に移行していくための関連キーワードをピックアップすることを目的としても使用します。

 

特徴は以下の通りです。

  • 広範囲にリーチできる
  • 購入者が入力した検索キーワードのデータが取れる
  • 無駄クリックが多い
  • 広告費がかさむ

 

マニュアルターゲティング広告とは

キーワードを自分で設定していきます。

キーワードを個別に設定することができ購入者が入力した検索キーワードと、設定したキーワードをマッチングし、広告が掲載されます。

「部分一致」「フレーズ一致」「完全一致」など、細かい調整が可能となっています。

 

特徴は以下の通りです。

  • 見込み客だけにリーチができる
  • 正しいキーワードを設定すれば、無駄クリックが少ない
  • オートターゲティングに比べて広告費が抑えられる

 

つまり、もし購買の高い検索キーワードがわかっているのであれば、マニュアルターゲティングだけでいいということになりますが、まだどのようなキーワードで成約が取れるかわかっていないのであれば、オートターゲティングでキーワードを精査し、それをマニュアルターゲティングで細かく設定していくという流れをとることになります。

また、同じ商品をオートターゲティングとマニュアルターゲティング両方とも広告をかけることも可能です。

 

 

スポンサープロダクトの出稿方法

まず、スポンサープロダクト広告を運用する前にやっておきたいことがあります。

それは商品ページ情報を充実させることです。

 

スポンサープロダクト広告の出稿前に商品ページ情報を充実させる

スポンサープロダクト広告の出稿前に、商品ページ情報を充実させておきましょう。

特に必要となるのは次の5つの項目です。

  • タイトル
  • 商品箇条書き
  • 商品説明
  • 商品コンテンツ
  • キーワード

アマゾンのスポンサープロダクト広告(オートターゲティング広告)は、商品ページに記載されている情報をもとにして出稿するキーワードが設定されます。
そのため、あらかじめ商品ページに設定しているキーワードが不十分であった場合、広告を出稿しても十分な露出が期待できないのです。

具体的に商品ページのどの項目がスポンサープロダクト広告(オートターゲティング広告)の参照対象であるか、Amazonは公開していません。
なので、記入できる商品項目はしっかりと埋めておきましょう。

 

商品情報が不十分では無駄な広告費が発生する

商品情報が不十分なままで広告出稿を開始すると、無駄な広告費が発生してしまいます。

例えば、「メンズ向けの長財布」を扱っているとします。
それぞれの項目を以下のようにすべて「長財布」とだけ設定していたとしましょう。

 

タイトル・・・長財布
商品箇条書き・・・長財布
商品説明・・・長財布
商品コンテンツ・・・長財布
キーワード・・・長財布

このままだと、スポンサープロダクト広告(オートターゲティング広告)を設定しても、キーワードが「長財布 メンズ」では出稿されない場合があります。
メンズ向けの長財布であるにもかかわらず、「長財布 レディース」など、購入に結びつく可能性の低いキーワードで出稿されてしまう可能性も出てきてしまうのです。

こちらは極端な設定の例ですので、1ワードだけの情報で実際に商品ページを作る人はいないと思います。

広告出稿をする前に、商品に関連しそうなキーワードをあらかじめ商品ページに入れておくことが必要です。

また、スポンサープロダクト広告のオートターゲティング広告に出稿すると、キーワードを集めることができます。
広告で収集したキーワードを商品ページへ反映して設定するのも効果的です。

 

続いて、スポンサープロダクトの使い方と設定について説明していきます。

 

1.登録

スポンサープロダクト広告を初めて活用される際は、登録が必要です。Amazonセラーセントラル広告ページの「広告」から「セラー広告」に進み、設定を行います。

登録の完了後、広告作成を行うキャンペーンマネージャーにアクセスする事が可能になります。

 

2.キャンペーンの設定

キャンペーンの制作をクリックしキャンペーンの名前、1日の予算、期間、ターゲティングの種類など、キャンペーンの詳細を入力します。

キャンペーンの名前は自分にとってわかりやすい名前で大丈夫です。

1日の予算はまずは1000円以内で様子をみると良いかと思います。

それから、オートターゲティング広告にするのかマニュアルターゲティング広告にするのかを選択するわけですが、先程も述べたとおり、まずはオートターゲティング広告がおすすめです。

オートターゲティング広告でキーワードのデータを取集した上で、効果が高いキーワードをマニュアルターゲティング広告の設定に生かして使うといいでしょう。

 

3.入札単価について

入札項目では、広告1クリックの最大課金額を設定します。

例えば、10円で設定した場合でも実際にAmazonに支払うクリック単価は1円程度で済む場合があります。
この金額は、キーワードやカテゴリーによっても違い、基本的には入札額が高いほど広告が表示される可能性も高くなります。
入札額調整はスポンサープロダクトの広告運用をスタートしてからも、レポートの状況を見ながらコントロールします。

より広告効果を高めるためには調整していくことも必要なのです。

 

実際に消化される金額は、競合とのオークションで決まるため、設定した入札額よりも安く表示される可能性があります。また、入札額は最低2円からも入札することができますが、この金額が少ないと、広告自体の露出機会を失う可能性があります。

入札額の目安は、Amazonのヘルプページ、カテゴリー別 平均クリック単価を参考にしましょう。

こちらで設定する入札単価はキャンペーン全体に適用されるので、もしキーワード別に単価を設定したいのであれば、マニュアルターゲティングに設定する必要があります。

入力が完了したら「保存し終了」をクリックすると、スポンサープロダクトのオートターゲティングの設定は完了です。

オートターゲティングでは、1つのキャンペーンに対して設定できる入札額は1つです。

 

4.広告プロダクトの選び方

ターゲットが決まったのであれば、実際に広告として配信したいプロダクトを選びましょう。

登録済みの商品をスクロールして選ぶこともできますし、「商品名」「ASIN」「SKU」から特定の商品を検索する事も出来ます。

 

 

キーワードの選び方

キーワードを追加する方法は以下の2通りです。

  • 「推奨キーワード」は商品に応じて候補となるキーワードが提示されるのでこのリストから選択します。
  • 「キーワードを追加」では商品に関連性の高いキーワードを設定します。

キーワードは最大で1000個まで設定できます。
オートターゲティングでは、1つのキャンペーンに対して設定できる入札額は1つだと先程述べましたが、それに対し、マニュアルターゲティングでは、キャンペーン内でキーワードごとに入札額を調整することができます。

「スポンサープロダクト検索キーワード」というレポートがありますので、ダウンロードし分析していくことが大切です。

使い方は、オートターゲティングでパフォーマンスの高い、購入者の検索キーワードを確認し、次にマニュアルターゲティングでパフォーマンスの高いキーワードを追加することで、クリック→売上→広告効果の向上が期待できます。

マニュアルターゲティングでは、自身で適切にキーワードを設定しなければなりません。

購入に繋がるキーワードは入札額をあげたり、また購入に繋がらないキーワードはキーワードリストから外していきましょう。

最終的に購入に結びついてるキーワード=コンバージョン率が高いキーワードとなります。

 

広告運用方法と効果検証

スポンサープロダクトの運用の流れは以下のイメージをもって取り組みましょう。

最初はオートターゲティング中心からマニュアルターゲティング中心へと切り替えて行きます。

 

まずオートターゲティングへの予算配分を増やし、幅広くキーワードを集めます。
1〜2週間ほどしたら、オートターゲティングで収集したキーワードをマニュアルターゲティングへも水平展開しましょう。
そして、広告運用しながら除々にマニュアルターゲティングへの予算配分を増やしていきます。

最初にオートターゲティングへの予算比率を大きくする理由は、なるべく広い範囲の顧客ターゲットに訴求するためです。

 

訴求ターゲットの広さ

オートターゲティング > マニュアルターゲティング(部分一致) > マニュアルターゲティング(フレーズ) > マニュアルターゲティング(完全一致)

左にいくほど訴求する対象の顧客ターゲットが広く、右にいくほどターゲットとしている顧客が絞りこまれます。

マニュアルターゲティング(完全一致)のターゲットは狭いのですが、ピンポイトで訴求できるため費用対効果は高くなります。しかし、商品のコンバージョンに結びつく最も適正なキーワードを初めからピンポイントで把握することは困難です。

そのため、まずはオートターゲティングで幅広い層に訴求し、「自分の扱う商品の購入に結び付くための適正なキーワードの候補」を集めるわけです。
集めたキーワードはレポートで確認することができます。

その中から特に実際に購入に結びついているキーワードはマニュアルターゲティングで個別に入札金額を上げます。

入札額をあげれば商品の露出機会が増えることが期待できます。

その逆に、なかなか購入に結びついていないキーワードは、オートターゲティング→マニュアルターゲティングの水平展開の対象外にし、排除していきます。

マニュアルターゲティングではキーワードごとに入札額の調整や、キーワードマッチタイプの調整ができるので、細かく調整することでさらに広告の費用対効果を高めることができます。

このよういに、必要なデータ収集が終わったら、基本的にオートターゲティング広告は使わず、マニュアルターゲティング広告のみで運用していくことになります。

広告の間引き作業に終わりはありませんが、ある一定の広告による売上が見込めるのであれば、マニュアルターゲティング広告で安定的にかけていきましょう。

 

 

最後に

いかがでしたでしょうか?

今回のこの内容をしっかりと学び、実践いただければ、あなたもAmazonのスポンサープロダクト広告を使いこなせるようになります。

とはいえ難しいし手間がかかる・・・という方のため、amaconでは、プロがあなたの商品の広告効果を上げるための広告運用代行をやっています!記事についてのご不明点、Amazon販売や広告運用へのお悩みなども、問い合わせフォームよりお気軽にご連絡下さい!

無料経営相談

の最新記事

スポンサープロダクトの最新記事

Contact US

只今、無料経営相談を承っております。

お電話またはメールにて問い合わせください。
電話受付:平日10:00~18:00