新規販路はどこが良い?EC3大モール徹底比較(Amazon・楽天・Yahoo!ショッピング)Amazon新規出店者向け

Amazonトレンド

コロナ渦でEC店舗が加速的に伸び、

実店舗が加速的に窮地に追いやられている時代。

 

オンラインショップを立ち上げたい!

でもどんなところで?

どれだけ費用がかかるの?

 

という方も多いのではないでしょうか?

 

今回は

 

「オンラインショップで1番カンタンに商品販売をするにはどこが良いの?」

「時間や費用を出来るだけ最小限に始める方法は?」

「最短で結果を出せるのはどこ?」

 

というお悩みを、

日本3大モール【Amazon】【楽天】【Yahooショッピング】から

“1番カンタンに販売スタートできて実績が出やすいモールはどこか?”

比較しました!


<目次>

1,まずはモールの違いを理解しよう!出店型と出品型

2,3大モールそれぞれの特徴は?

3,3大モールそれぞれの費用は?

<まとめ>3大モールで1番のオススメは?


1,まずはモールの違いを理解しよう!出店型と出品型

 

まず、オンラインで販売するにあたって【出店型】【出品型】の2つがあることを認識する必要があります。


出店型はモールの中にそれぞれのお店があり、その下に商品があるという形。

1つのお店が複数の商品を出せるため、同一商品が多く表示されるということが特徴となってきます。

出店型モール:楽天Yahooショッピング

 

出品型はモール全体がカタログのように商品があり、その下にお店があるという形。

カタログ型とも呼ばれる形となっているので、同一商品はありません。

出品型モール:Amazon

 

出店型は他社との差別化のために、

・ショップデザインを凝る
・1商品毎の商品ページに力を入れる必要がある
・広告をかける

などの必要が出てきてしまうので、初動としてはかなり労力を要するのも特徴です。

 

2,3大モールそれぞれの特徴は?

次は3大モールのそれぞれの特徴に加え、メリット・デメリットも比較していきましょう!

■Amazon(出品型)

Amazonの特徴は圧倒的な利用者数と物流網を持つこと。

また、出品型モールなので、店舗構築が不要で1商品から販売スタート出来るということが挙げられます。

また、FBA(Fulfillment by Amazon)という「注文を受けた商品の梱包から発送、決済まですべてAmazonが代行します」といったサービスが唯一あるのが3大モールの中での最大なる特徴です。

メリット

・商品さえあればすぐに販売開始可能!

・月額4980円と安い

・店舗デザインなどを考える必要なく、すぐに販売出来る

・工数が少なくて済む

→「入荷、検品」・「棚要れ、商品保管」・「コール業務、受注処理」・「ピッキング」・「検品」・「梱包」・「発送」を全て網羅してAmazonが行ってくれることで工数が減る

デメリット

・出品型のため、ブランディングがしにくい

・出店型に比べてデザインの出来る幅が少ない

・他の出品者が相乗りで価格を安くしてくる可能性がある

 

■楽天(出店型)

楽天の特徴は、会員数・アプリユーザーが比較的多いこと。

また、ユーザー層に20代~40代女性が多いので、グルメ、スイーツジャンルは成功しやすいなどが挙げられます。

メリット

・人気商品を生み出せると大きな売上・月商に繋がっていく

・ショップブランディングがしやすい

デメリット

・固定費が月額18万円〜とかなり高額。

・既に人気の店舗があったり、有名企業も多いので、新規参入でシェア獲得するのが非常に困難

・同一の商品の別ページが乱立しているので、デザインでの差別化ができないと売上が立ちづらい

 

■Yahooショッピング(出店型)

Yahooショッピングの最大の特徴は、初期費用・月額が無料なこと。

3大モールで唯一固定費がない。

メリット

・出店費用・月額が無料

・ショップブランディングがしやすい

・売上が立ってからの手数料のみ発生で初期投資がナシ

デメリット

・既に人気の店舗があったり、有名企業も多いので、新規参入でシェア獲得するのが非常に困難

・同一の商品の別ページが乱立しているので、デザインでの差別化ができないと売上が立ちづらい

・販売成約時に7%程度の支払が必要

 →決済手数料とポイント原資、アフィリエイト経由の手数料などが必要となるため

3,3大モールそれぞれの費用は?

初期費用

・楽天→179,400円〜660,000円 (プランによって異なる)

・Yahooショッピング→0円

・Amazon→0円

月額

・楽天→19,500円〜100,000円(プランによって異なる)

・Yahooショッピング→0円

・Amazon→大口出品:4900円 / 小口出品:0円

システム使用料・販売手数料

・楽天→2~7%(プランによって異なる)

・Yahooショッピング→0円(実際は決済手数料とポイント原資、アフィリエイト経由の手数料などがかかるので7%くらい)

・Amazon→販売手数料8~20%(商品カテゴリーによる)

 

全体を通してみると、

固定費は【楽天>Amazon>Yahoo】という順番に安くなるということですね。

圧倒的に楽天の高さが目立ちますね(^^;

<まとめ>3大モールで1番のカンタンなのは?

特徴やメリット・デメリット、費用面も比較してきましたが、いかがでしょうか?

Amazon専用コンサルとして出品〜売上までのカンタンさをランキングにすると…

1位 Amazon

2位 Yahooショッピング

3位 楽天

となります!


というのも、
商品があれば販売でき、注文を受けた商品の梱包から発送、決済まですべて代行してくれるAmazonは、社内のリソースを最小限で済むので早急に売上を伸ばしていくことが可能になります。

 

Yahooショッピングは初期費用は無料ですが、売れるまでの道のりが長い。

出店型のため、【ショップデザイン】【商品ページのデザイン】を外注しなければいけないのと、売れるためのブランディングをまず考えていく必要があります。

楽天も出店型のため、【ショップデザイン】【商品ページのデザイン】を外注しなければいけない上に、初期費用・月額共に高額なため、利益獲得までの道のりが長い。

 

まずはAmazonでブランド・商品の認知が出来てから、Yahooショッピング・楽天に乗り込むことで、より効率的に収益化がしやすくなります。

 

すぐに商品販売をしていきたい!

商品・ブランド認知をしていきたい!

今後ブランディングをしていきたい!

 

ということであれば、、

圧倒的にAmazonでの出品がオススメです!

 

記事についてのご不明点、Amazon販売や広告運用へのお悩みなども、問い合わせフォームよりお気軽にご連絡下さい!

 

→自社ECとモール型ECの違いって?新規出店のメリット・デメリットとは、はコチラ

What is Sobani

Amazon通販支援数が
100社以上という圧倒的な
実績経験があります。

オリジナル商品の販売に特化
しており、特定マーケットで
シェアNO.1を多数創出しています。

自社でECのシステム開発を行うベンダーでもあり
より戦略的なコンサルティングが可能です。

アマゾン ジャパン合同会社様
共同セミナーを開催しています。

Amazonコンサルティング
専門企業
でECコンサルタントは、
現役or元Amazonセラーで
構成された実力派集団です。

Recommend関連記事

2019年1月8日

Amazonトレンド

【2021年最新版】Amazonで出品制限確認方法&解除方法まとめ

お世話になっております。 Amazon専門コンサルティング「株式会社そばに」代表の佐藤です。   当サイトをご覧頂き、誠にありがとうございます。 昨今のAmazon.co.jpの規制……

2021年2月4日

Amazonトレンド

【2021年最新版】Amazonの仕様の変化とブランド戦略法

2020年は緊急事態宣言があり、ステイホームやテレワークなどで生活様式もガラッと変わり、ECの売上が増加。 それと共にAmazonのサービスも変化が多い年となりました。   2021年……

2021年4月6日

Amazonトレンド その他

Amazonの禁止ワードって?化粧品や健康食品は特に注意!

  お世話になっております。 株式会社そばにAmazonコンサルタントの若月です。 当サイトをご覧頂きありがとうございます。 今Amazonに出品されている方で、化粧品や健康食品……