Amazonの禁止ワードって?化粧品や健康食品は特に注意!

Amazonトレンド その他

 

お世話になっております。
株式会社そばにAmazonコンサルタントの若月です。
当サイトをご覧頂きありがとうございます。

今Amazonに出品されている方で、化粧品や健康食品を取り扱われている企業様も多いのではないでしょうか。

実はそのジャンルは「禁止ワード」が特に多いってご存じですか?

しかも、薬機法に準じていても、AmazonではNGというワードがかなり多く、化粧品やサプリ、

これを知らずに商品ページを作成してしまうと、商品ページを削除されることもあります。
せっかく今まで培ってきた「販売実績」「レビュー」「SEO対策」が全て一緒に消え去ってしまうのは避けたいですよね。。

ということで、
今回は「Amazonの禁止ワード」についてお話していきます!

<目次>

1. Amazon禁止ワードってなに?

2. こういう書き方はNG!今すぐ直しましょう!

3. 削除されたときはどうすればよいの?

4. 削除→再掲載までの流れ

5. 商品削除されたときのペナルティは?

<まとめ>

 

1. Amazonの禁止ワードってなに?

まず、Amazonの商品登録をしていくときに
競合商品との差別化
ということを考えますよね。

もし、サプリメントを売るとするならば、
・どんな効能があるのか
・どんな悩みの人が飲むのか
そんな効果効能を書きたくなってしまうもの。

その中でも、薬機法、景品表示法、健康増進法に触れなければ大丈夫…と思っていると、実は痛い目を見ることに><!

その理由はというと、「使ってはいけない禁止ワード」がかなり厳しいんです。

▼Amazonが公式で発表しているだけでもこんなに▼

<禁止されている商品広告・宣伝に関する一般的なルール>

・がん/ 癌
・類がん/ 類癌
・サイトメガロウイルス(CMV)
・クラミジア
・ヒトパピローマウイルス(HPV)
・肝炎(A型、B型およびC型)
・淋病(ザ・クラップ)
・単純ヘルペスウイルス1および2(HSV1およびHSV2)
・ヒト免疫不全ウイルス(HIV)
・性器クラミジア感染症(LGV)
・後天性免疫不全症候群(AIDS)
・単核球症(MONO)
・マイコプラズマ・ジェニタリウム
・非淋菌性尿毒症(NGU)
・疥癬
・骨盤内炎症性疾患(PID)
・毛ジラミ(Crabs)
・梅毒
・トリコモナス症(Trich)
・肝疾患
・多発性硬化症
・腎硬化症、腎臓病
・心臓発作、脳卒中
・アルツハイマー病
・認知症
・パーキンソン病
・糖尿病/ 糖尿病/ 糖尿病性ニューロパシー
・流感
・髄膜炎
・インフルエンザ
・緑内障
・白内障
・注意欠陥・多動性障害(別名ADDまたはADHD)
・脳振盪
・外傷性脳損傷(TBI)
・抗菌
・季節性情動障害(SAD)
・抗真菌
・腫瘍
・うつ病
・嚢胞性線維症
・ホジキンリンパ腫
・筋ジストロフィー
・ループス
・多発性硬化症
・ALS(筋萎縮性側索硬化症、またはルーゲーリック病)
・痛風
・セリアック病
・クローン病
・てんかん
・けいれん発作
・肥満
・自閉症
・精力増強、性的機能
・バストアップ
・記憶力向上
・心臓病、心疾患
・動脈硬化
・血圧、血栓、血糖
・老化、アンチエイジング、若返り
・メタボリックシンドローム、成人病、生活習慣病
・滋養強壮
・アトピー性皮膚炎
・花粉症
・便秘
・骨粗しょう症
・コレステロール
・リウマチ
・泌尿器疾患
・関節痛
・精神疾患
・鎮静、鎮痛
・更年期障害
・妊娠、不妊
・アレルギー
・ホルモン分泌
・かぶれ、湿疹、かゆみ
・免疫力
・くしゃみ、せき、風邪
・デトックス、毒素排出
・ダイエット、痩身
・ニキビ、吹き出物
・腰痛、肩こり、首痛
・貧血
・二日酔い
・筋肉増強
・血液サラサラ
・血行、血流
・抗酸化
・細胞再生
・むくみ
・視力、聴力
・傷痕
・虫歯、歯周病、歯肉炎
・新陳代謝
・睡眠障害、不眠症
・体質改善
・育毛、発毛
・抑毛
・特定の菌、ウイルスに対する効果
・睡眠時無呼吸症候群(SAS)
・いびき
・外反母趾
・殺菌
・疲労回復

引用:Amazonアソシエイトツールバー

病院ではないので、ガンとかの病名を入れ込むことはあまりないかとは思いますが、、

化粧品、健康食品系で特につらいのは

・老化、アンチエイジング、若返り
・花粉症
・便秘
・ダイエット、痩身
・デトックス、毒素排出
・ニキビ、吹き出物
・筋肉増強
・体質改善

など、薬機法では単語自体がNGになっていないものも【AmazonではNG】になっているという点。

医薬品のような効果効能、または医薬品と勘違いされるような表現は禁止されているんですね。。

「これじゃどういう風に出品したらよいのかわからない!」

と思う方もいらっしゃると思いますので、
次に弊社の事例も踏まえてご紹介します。

2. こういう書き方はNG!今すぐ直しましょう!

こちらは弊社にご相談のあった事例です。

【商品内容】
ダイエットサプリ(乳酸菌系)

【商品名】
ダイエット サプリ炭配合 便秘 解消 酵素 配合 腸内細菌ダイエット

【商品説明】
生きた酵素が腸内細菌を整え、便秘解消・腸内環境を整えてくれます。体内の老廃物を吸着してくれる活性炭も含まれるため、冷えやむくみを改善する効果もあります。

Amazon以外の媒体でかなり売れていて、新規販路の開拓ということでAmazonに出品したところ、商品ページが削除されてしまった、ということでした。

これの削除された理由は、

・医薬品のような効果効能
・医薬品と勘違いされるような表現
・病名が入ってしまっている

という3点があります。

病名と判断されるのは「便秘」「冷え」「むくみ」というところですね。

では、こちらの修正した文章を見てみましょう!

▼修正済みの商品文面▼

【商品内容】
ダイエットサプリ(乳酸菌系

【商品名】
7種の炭  麹 223種の酵素 乳酸菌 酪酸菌 プロテアーゼ アミラーゼ リパーゼ 麹 難消化性デキストリン サプリメント

【商品説明】
生きた酵素がおなかの調子を整え、スッキリをサポート。223種類のたっぷりの『酵素』に加え、スッキリをサポートする7種の炭。更に、善玉菌をサポートする『ビフィズス菌』『乳酸菌』『酪酸菌』、さらに『難消化性デキストリン』でしっかりサポート。

こちらで再度削除されることはありませんでした。
しかし、これでもギリギリを攻めてはいて。

効果効能を詳しく書けば書くほど、危険度は増していくので、成分名やフワッと効果を匂わせる程度に収めておくのが無難ではあります。

 

3. 削除されたときはどうすればよいの?

実際に削除されてしまった場合には、

==========

原因部分の修正

テクニカルサポートに連絡、再掲載依頼をする

審査をクリアする

==========

という手順が必要になります。
1回の修正でも追加で修正指示が出される場合があるので、
その場合は原因部分の修正からやり直す形で再度申請をしていきましょう。

4. 削除→再掲載までの流れ

①原因部分を修正する

Amazon商品ページが削除された場合、Amazonより登録アドレスに「商品削除のお知らせ」というメールが届きます。

▼商品削除のお知らせメール▼

 

 

 

 

また、それと共にセラーセントラル内にも旗マークの部分右下に通知が出ます。

▼セラーセントラル内の通知▼

 

 

 

メールまたはセラーセントラルのメッセージ内容を確認して、修正を行いましょう。

②テクニカルサポートに連絡、再掲載依頼をする

修正が完了し次第、テクニカルサポートに連絡をしましょう!
今は直通電話がないので、セラーセントラル内からメッセージを送信します。

セラーセントラル▶Amazon出品サービスに関するお問い合わせ▶ガイドライン、規約違反▶ご意見、ご要望

メッセージ内には、

・削除になった商品のASIN
・修正を行った箇所の申告
・商品ページ再掲載のお願い

を細かく記載し、メールを送信しましょう。
あとはAmazonの審査の連絡を待つのみです!

Amazonからの連絡および再掲載の目安としては、早ければ1日。
追加修正があり、再審査になる場合は1週間以上かかるケースもありますので、危ないところは全て削除したり、置き換える方が良いでしょう。

メール文面が思いつかない方は下記を参考にしてくださいね!

お世話になっております。
〇〇(出店名)の名前です。

商品削除についてのパフォーマンス通知がございました件を修正いたしましたので、下記をご確認頂けますと幸いです。
————————————————-
2021/00/00 00:00:00:JST
ASIN: [XXXXXXXX], SKU: [0000000000], Title: “商品名”
————————————————-
↑パフォーマンス通知の内容を張り付けましょう。

修正箇所は下記になります。
【修正箇所】
〈箇条書き項目〉
・「〇〇(該当箇所)」→「修正後の文章」

〈商品説明〉
・「〇〇(該当箇所)」→「修正後の文章」

〈商品紹介コンテンツA+〉
・「〇〇(該当箇所)」→「修正後の文章」

商品ページのご確認後、商品カタログの再掲載の程、よろしくお願いいたします。

補足:修正点の確認について

修正箇所に関して、Amazonから具体的に「ここを修正してください」というような指摘はありません。

つまり、自分自身で修正箇所を探さなければいけません。

その際は、

・禁止ワードが入っていないか
・医薬品のような効果効能が書かれていないか
・医薬品と勘違いされるような表現が入っていないか
・病名が入っていないか

を見て、原因追及をするようにしましょう!

修正箇所として多い部分は

・商品タイトル
・商品説明文
・商品紹介コンテンツ

などのテキスト部分が多くなります。
ただ、画像に入っている文言がNGになる場合もあるので、全体を合わせて確認しましょう。

5. 商品削除されたときのペナルティは?

商品削除をされた後、しっかりと修正をして審査をクリアし、再掲載されれば問題はないですが、何度も規約違反をして削除を繰り返すとサスペンド(アカウント停止)のリスクもあります。

そもそも商品ページが削除されるということはAmazonの規約違反とみなされたということなので…。

1度でも起きてしまった場合は
「危険なところは全削除」
くらいの対応をしておいた方がよいでしょう。

アカウントが停止してしまうと元も子もないので^^;

まとめ

基本的にAmazonの規約に沿って、商品登録を行っていけば、商品ページが削除されるリスクは限りなく低いです。

しかし、禁止ワードが乱立していたりすると、リスクはかなり上がってしまうので、しっかりと自社のページを見直してアカウントの健全性を保つようにしましょう!

1商品でも削除されてしまった場合は要注意です。

他の商品ページに同様な文言、似たような文言はないかなどを確認修正して、アカウントと商品をまもっていくようにしましょう!

記事についてのご不明点、Amazon販売や広告運用へのお悩みなども、問い合わせフォームよりお気軽にご連絡下さい!

What is Sobani

Amazon通販支援数が
100社以上という圧倒的な
実績経験があります。

オリジナル商品の販売に特化
しており、特定マーケットで
シェアNO.1を多数創出しています。

自社でECのシステム開発を行うベンダーでもあり
より戦略的なコンサルティングが可能です。

アマゾン ジャパン合同会社様
共同セミナーを開催しています。

Amazonコンサルティング
専門企業
でECコンサルタントは、
現役or元Amazonセラーで
構成された実力派集団です。

Recommend関連記事

2021年2月12日

Amazonトレンド

Amazon新規出品者必見!FBAのメリット・デメリットとは?

お世話になっております。 株式会社そばにAmazonコンサルタントの若月です。 当サイトをご覧頂きありがとうございます。   今回は、Amazon特有のフルフィルメントサービスである……

2021年2月3日

Amazonトレンド

自社EC立ち上げ4選!ASP・パッケージ・オープンソース・フルスクラッチどれがオススメ?

自社ECを立ち上げたい! と思っても、どこから始めたら良いのか…   と悩むことはないでしょうか?   モール型ECよりも自由にブランディングをしていきたいから自社ECを……

2018年3月16日

Amazonトレンド

Amazonアカウントがサスペンド(停止)されたときの対処法

  お世話になっております。Amazon専門コンサルティング「株式会社そばに」代表の佐藤です。   当サイトをご覧頂き、誠にありがとうございます。 今回は、Amazonアカ……