マケプレプライムの参加要件が変更!厳格化された3つの要件とは?

Amazon販売 コンサルタントコラム

お世話になっております。

株式会社そばにAmazonコンサルタントの若月です。

当サイトをご覧頂きありがとうございます。

 

2021年1月にAmazon出品者に通知された

「マケプレプライム参加要件の変更」

を確認されましたでしょうか?

 

出品者発送の方はアカウント健全性に追加された指標の「追跡可能率」とともに、しっかりと抑えておきたい内容となっています。

 

なので、今回はマケプレプライムの参加要件変更の詳細について

書いていこうと思います。

 

Amazonマケプレプライムとは?メリット・デメリットとは?

Amazon出品でアカウント健全性指標が追加!「追跡可能率」の詳細と対策

 

<目次>

1. マケプレプライム要件変更のメール内容は?

2. 変更された要件3つの詳細

3. 変更はいつから適用される?

<まとめ>マケプレプライムは適用すべき?

 

1. マケプレプライム要件変更のメール内容は?

マケプレプライムの要件変更の内容は1月14日に届きました。

▼その内容がコチラ▼

平素はマケプレプライムをご利用いただき、誠にありがとうございます。

Amazonでは常にお客様の声を大切にしています。Amazonプライム会員のお客様は無料かつ迅速な配送を期待されており、その期待にお応えできるよう、Amazonではフルフィルメントおよび輸送能力の強化によるプライム配送スピードの改善に努めて参りました。マケプレプライムにおいても、Amazonプライム会員の購入体験の向上を継続して進めていきたいと考えております。

マケプレプライムをご利用の出品者様におかれましては、日頃よりお客様の満足度を高めるためにご尽力いただいていることと存じます。しかしながら、マケプレプライムのご注文商品のうち、Amazonプライム会員のお客様が期待される1日以内のお届けを実現できた割合は、新型コロナウイルス感染症の発生前の時点においても26%以下となっておりました。

この状況を踏まえ、Amazonでは、マケプレプライムのサービスを改善し、さらなるお客様満足度向上にむけて出品者様と共に取り組んでいきたいと考えております。2021年7月15日以降、マケプレプライムのご利用を希望される出品者様は、従来の要件に加え、下記の3つの要件を満たしていただく必要がございます。

簡単に要約すると、

「マケプレプライムの配送にお客さん不満だから厳しくするよ!」

という内容。

かなりAmazonセラーフォーラムでも物議を醸していました。笑

Amazonセラーフォーラム

マケプレプライムは翌日か翌々日に

購入者の手元に届く必要があるのですが、

その割合が26%しか達成されていないみたいなんですね。

 

その結果、追加される3つの要件はコチラ。

 

①週末出荷の設定

②配送時間指標の目標値達成

③標準サイズ商品の全国配送

 

配送に関して、

・今までとはかなり変わる部分

・厳しくなる部分

がありますので、

 

現在マケプレプライムを利用している方も、

今後導入予定の方もしっかりと確認しておきましょう!

2. 変更された要件3つの詳細

今までの参加要件は5つほどありました。

それがこちら。

▼今までの参加要件▼

①マケプレプライムで定められた出荷実績、配送品質

 →期日内配送率がが96%以上

 →追跡可能率が94%以上

 →出荷前キャンセル率が1.0%未満

②出品者様が選択するプライム対象地域への「お急ぎ便」の提供

③Amazonプライム会員に対して、プライム対象地域への通常配送とお急ぎ便を無料で提供

④Amazon上で追跡が可能な配送方法の利用

(ヤマト運輸、日本郵便のお問い合わせ番号がある配送方法)

⑤Amazonのポリシーに基づく返品・返金対応

今までの参加要件詳細はコチラ

今までの参加要件だけでも配送面での厳しさはあったのですが、

新たに追加される参加要件の詳細を確認していきましょう。

①週末出荷の設定

Amazonからのメールにはこのように書かれていました。

1週間を通して一貫した配送サービスをご提供いただくために、土曜日と日曜日にも出荷いただく必要があります。週末出荷の設定は、配送設定 > 一般設定、にてご確認・ご変更いただけます。

つまり、簡潔に言うと

「マケプレプライムを適用している商品は週末(土日)でも即日発送が必須」

ということ。

今までは土日は配送しなくてOKだったことを考えると、かなり厳しい要件となってきますね。

 

既にマケプレプライムを設定している方も、これからの方も、土日配送の設定をしていない方は変更しておきましょう!

 

▼設定方法はコチラ▼

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

セラーセントラル>設定>配送方法

 

 

 

 

 

 

 

一般設定>出荷設定>編集

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・土曜日の出荷を有効にする

・日曜日の出荷を有効にする

 にチェックをいれる

 

この設定をすることにより、土日の配送も必須となります。

土日も配送できる準備が出来てから設定することをオススメします。

②配送時間指標の目標値達成

お客様が期待する迅速な配送をご提供いただくために、1日および2日以内の配送時間指標の目標値を達成いただくことが求められます。配送時間指標は、出品者様がショッピングカートボックスを獲得している状態で、お客様が商品詳細ページを閲覧したときに1日または2日以内のお届け予定日が表示された割合を計測します。なお、購入の有無は考慮されません。配送時間指標の目標値は、どの出品者様が配送するかにかかわらず、お客様が一定の配送サービスを受けられることを保証するためのものです。

1日および2日以内の配送時間指標の目標値を達成していただくために、マケプレプライム出品の配送時間指標が確認できる新たなダッシュボードのご提供を2021年4月より予定しています。ダッシュボードは、配送時間が1日以内の商品詳細ページ閲覧率と、配送時間が2日以内の商品詳細ページ閲覧率という2つの新たな指標を計測します。

 

つまり、簡潔に言うと

「1日および2日以内の配送時間指標の目標値の達成が必須」

ということ。

 

配送時間指標というのは、購入者が商品詳細ページで商品を閲覧してから商品詳細ページに表示されているお届け予定日までの日数で定義され、商品詳細ページの閲覧数ごとに計測されたお届け予定日の分布として表示されます。

 

とはいえ、今の段階でどうなの?という疑問はあると思いますので、

2021年4月1日からパフォーマンスダッシュボードから確認することが出来るようになります。

配送時間レポートのダウンロードリンクをクリックすると、配送時間指標に影響を与えているASINのレポートが作成することも出来るようになるので、そちらで1度確認するようにしましょう。

③標準サイズ商品の全国配送

お客様がより多くのプライム商品を購入できるように、標準サイズの商品は全国(北海道、沖縄、離島を除く)をプライム対象地域に含めることが求められます。出品者様の商品が標準サイズ、大型サイズのどちらに該当するかは、2021年5月以降、マケプレプライムの管理でご確認いただけます。

つまり、簡潔に言うと

「標準サイズ商品は離島・沖縄・北海道を除く全地域をプライム配送にすることが必須」

となるということ。

▼標準サイズはコチラ▼

 

 

 

 

・45cm x 35cm x 20cm未満

・9kg未満

※寸法表記のない商品は標準サイズに分類される

現時点でサイズ分類がわからない商品は、2021年5月1日より「マケプレプライムの管理」より確認が可能になるので、そちらで確認するようにしましょう。

3. 変更はいつから適用される?

マケプレプライムの新しい3つの要件は、

Amazonのメールに記載の通り【2021年7月1日】からとなります。

 

適用前の準備として、

2021年4月1日

配送時間指標の目標値達成を「パフォーマンスダッシュボード」で確認

2021年5月1日

納品している商品サイズを「マケプレプライムの管理」で確認

をして、7月1日に向けてマケプレプライムを適用する商品、外す商品を見極めておきましょう。

 

<まとめ>マケプレプライムは適用すべき?

ビジネスやオペレーション上の対応についての準備期間として、新たな要件が適用されるまで6か月の期間を設けてくれているとはいえ、土日まで対応をするのも厳しい、とマケプレプライム適用の出品者も減ると予想されます。

 

もしマケプレプライムを導入継続し続けることが出来れば、他社との差別化が出来るので売上にも左右してくるでしょう。

 

また、今回のマケプレプライムの要件変更に伴い、

FBAへの納品が可能な商品はFBA利用を検討するのも良いでしょう。

 

記事についてのご不明点、Amazon販売や広告運用へのお悩みなども、問い合わせフォームよりお気軽にご連絡下さい!

無料経営相談

の最新記事


Warning: Use of undefined constant ID - assumed 'ID' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/novasto/amazon-consulting.jp/public_html/wp-content/themes/wp-a-dos/single.php on line 45

Amazon販売,コンサルタントコラムの最新記事